CASE STUDY事例紹介

工場の見える化で特急対応を削減!

B社様
業種:板金加工業
規模:25名
B社様

事例概要

作業遅延や着手漏れの発見が遅れ、納期直前の特急対応が度々発生していたが、現場への指示と進捗状況を大型モニタに常時表示することで、作業遅延や作業漏れの防止、円滑な個別フォローが行え、特急対応が減少した。

解決への道筋

課題

  • 工程管理ができていないため、作業指示書の納期を基に各作業者の判断で作業に着手しており、作業遅延や着手漏れの発見が遅れ、納期直前の特急対応が度々発生する。
  • 作業の進捗確認は、経営者が工場を駆け回って直接確認しており、負担が大きい。
  • 顧客から納期問合せの電話を受けた際、進捗が見えないため即答できない。

導入パッケージ

作業管理 / 生産・工程管理 / 進捗管理 / EDI統合

効果

  • 工場内に大型モニタを設置し、現場への指示と進捗状況を常時表示。これにより、作業進捗を作業者全員が把握することが可能となり、作業遅延や作業漏れの防止、円滑な個別フォローが行え、特急対応が減少した。
  • 経営者も個別の進捗確認を行う必要がなくなり、管理時間が1/4に減少。
  • 顧客の問合せにも即座に対応できるようになり、顧客満足度が向上した。

導入パッケージで見積もり

事例で紹介したパッケージのみを導入した場合の料金をお見積りします。
機能提案/費用算出シミュレーションによるお見積りでは、自社に必要な機能の分析と導入する機能ごとおよびその合計料金を参照できます。
この事例と同様のパッケージのみを導入した場合のお見積り結果をご覧になりたい場合は、下記のボタンより機能提案/費用算出シミュレーションをお試しください。
※このお見積もりパッケージ機能の組み合わせのみの金額です。

導入をご検討の際は、お気軽にご相談ください。